じわじわと近付く動脈硬化|悪玉コレステロールは天敵です

男女

ミネラルで血圧を下げる

サプリ

摂り過ぎに注意

高血圧は典型的な生活習慣病であり、太り過ぎやアルコールの摂り過ぎ、運動不足、過度のストレスなど食生活や生活習慣の中に原因の多くがひそんでいます。また塩分の摂り過ぎも高血圧を招きます。食塩は身体の中でナトリウムイオンと塩素イオンに分かれ、ナトリウムイオンが血圧を上げる働きをしています。このナトリウムイオンとくっつき身体の外に排出する役割を果たしているミネラルが、カリウムやカルシウムです。つまり塩分の摂り過ぎに気をつけるとともに、カリウムとナトリウムをサプリメントで補給することが、高血圧予防になるのです。但し、カリウムに関して腎臓に異常がなければ問題ないですが、腎臓が弱っている人が大量に摂るのは問題です。またカルシウムサプリも大量摂取は腎結石などの原因になる場合があるので、腎臓が弱っている人はカリウムやカルシウムサプリメントの摂取には注意が必要です。

マグネシウムを摂る

高血圧を改善する手助けをするのに重要なミネラルに、マグネシウムがあります。マグネシウムがもつ高血圧改善作用は細胞内のカルシウムに関わりがあります。通常カルシウムは細胞の外にあって細胞内には少なくなっていますが、何かの原因により細胞内にカルシウムが取り込まれ過ぎると筋肉細胞が収縮します。そしてこの仕組みは血管でも働きます。血管を構成する筋肉細胞が収縮して血管の内腔を狭め、血圧を上げてしまいます。マグネシウムは細胞の中にカルシウムが流入するのを妨げて血管の必要以上の収縮を抑え血圧の上昇をコントロールするのです。マグネシウムは1日300mg摂ることが推奨されていますが、日本人の摂取量はかなり不足気味です。サプリメントで摂取することがすすめられます。